ナチュラルファクトリー
ナチュラルファクトリー
ナチュラルファクトリー

オーガニック・無農薬のハーブ・健康茶・中国茶・自然食品のショップです




オーガニック認定機関について


 
お茶・ハーブ有機栽培認証機関
認証機関と説明
下記の機関が、現地の農園を調査し、各々の機関の基準に達したものが認証されます
米農務省(USDA)が、2002年に施行した、オーガニック農産物に関する規則、「100%オーガニック"と表記するためには、農薬使用、遺伝子操作、放射線照射などを行わずに生産加工しなければならない」 を満たしている作物に対して認定される。 United States Department of Agriculture
IMO・・Insititue fur arktokologie
URL http://www.imo.ch/
オレゴン・ティルス
OREGON TILTHはオーガニック食品とその農業を支持して1974年に誕生したアメリカの非営利な民間による会員組織です。米農務省が定めるオーガニックプログラム(NOP)公認を受けています。 アメリカのオーガニック認定の中でも、きわめて基準が厳しいものです。
Oregon Tilth Certified Organic(OTCO オレゴンティルス認証オーガニック)
の活動は、アメリカ国内だけでなく、ヨーロッパ、オーストラリアへも広がっています。
ティルス農法は、最低でも7年間、一切の化学肥料、駆除剤を使わずに、自然の肥料(牛糞、鶏糞、落葉)だけを使って土壌改良し、バクテリアが健全に増殖できる土作りをし、輪作(続けて作付けすること)をせずに土中に存在する最大6%の有機質を維持していくというものです
2001年に発足したオーストラリア最大のオーガニック認定機関です。 オーガニック認証の質を保証する「IFOAM」にも加盟しています。 ACOは、オーストラリア国内外の生産・製造されるオーガニック製品に対してオーガニックであることの認証を行っている機関で、有機農産物の安全性証明となります。
日本では、このACO基準を遷守して、JAS有機規格に対応しています。現在、オーストラリア、ヨーロッパ、日本、アメリカ、スイス、イギリスでのオーガニックビジネスを認定する許可を与えられており、オーストラリアにおけるオーガニック業界の約55%を認定しています。
認定基準
・農場は最低3年以上農薬の使用がない。     ・農薬を使用しない。   ・化学肥料を使用しない
・肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用する。  ・栽培によって環境を破壊しないこと

 



Since July 7,2000
Copyright since 2000 by NATURAL FACTORY. All rights reserved. 著作権に関する事項